スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    支払いは、拍手で

    ひとつ前の記事 何がいいたかったのかわかった
    感覚ばかりで説明できなかった部分

    拍手は対価と考える
    その拍手をいつするかってところに人が価値を置く場所が見える
    幕が開いて誰もいない舞台装置に拍手する
    これは その舞台装置自体とそこに垣間見えるこれからの展開に
    拍手が支払われている ということ

    幕が開いて誰もいない舞台装置に拍手しない
    ということは 舞台装置とそこに垣間見えるこれからの展開に
    価値を置いていない ということ

    人が出てきて 動き始める物語には拍手をする
    人自体とその芸 そしてその物語に価値を置いている ということ

    じゃあ 舞台装置とそこに垣間見えるこれからの展開に
    価値を置いていないということは どういうことなのか

    NHKの7時でもなんでも とりあえずニュース
    いつものアナウンサーが日によってスーツ違えどニュースを伝える
    そのニュースに一喜一憂するも アナウンサーに一喜一憂しない
    よっぽどマニアじゃないかわり

    ある日ニュースつけたら アナウンサーがいきなりダライ・ラマ
    とかになってたら わお と思う

    ちょっとズレた
    拍手が対価だとして なににどれだけ支払いたいか
    それはやっぱり 常から離れたものに離れた距離分払いたい

    そこから考えていくと 
    幕が開いて誰もいない舞台装置に拍手しなかった
    これは その舞台装置自体とそこに垣間見えるこれからの展開は
    常から離れたものでなく 常であるということになりはしないか

    その時に起こった事件などを織り交ぜて作られた歌舞伎
    そこにはニュースというかワイドショーの要素があった
    大衆のためにいつもやっていた いつものハコと
    何種類ものいつもの舞台装置で
    いつもやってるから いつものものには拍手しない
    でも出てくる役者とそこから始まる物語は いつものものでない

    歌舞伎が いろいろな要因から
    ちょっとお高い嗜みという感覚を持たれて久しくなった近頃
    足を運ぶのは限られた人になってきている上
    やっているものは 
    根底に流れる人間性などは変わらないといっても
    時事を反映したものではない 
    だから いつもの 今の という感覚は作られるはずなく
    すべてが特別 なわけだ
    だから 場所から何から何までも 価値を置く すべてが見世物
    見世物に心は動く 拍手をしたくなる

    それが 幕が開いて誰もいない舞台装置に拍手する要因

    なのではなかろうか と思ってひととおりぐだぐだ考えたわけでそろそろ夜明け

    ずいぶん頭がにぶったものです



    スポンサーサイト

    拍手について混乱した人物による拍手への考察

    幕が開いたら拍手する

    のは 誤りだという話を聞いて びっくりした
    あまりに私がもの知らぬだけではあるのだが 歌舞伎

    いままでそんなこと意識したことなく
    拍手したり拍手しなかったり 雰囲気にのっていたが
    人の未だいない舞台に 幕が開いただけで拍手することにびっくり
    しているとハッキリのべることにびっくり

    そこでふと思ったことを羅列 だから混乱必至

    オーケストラ
    団員は舞台にずらずらあがっていき
    コンマスの合図で始めるチューニング
    終わればなんとなく整って 指揮者が出てきて観客は拍手
    促された団員は立って客席へ向いて さらに拍手うけ
    促されて座り直し 会場の静まるのをまって音楽始める
    オペラであれば 舞台に幕はなく すでに世界が見えている中
    オケピに指揮者が登場すると 拍手が起こってあとはコンサート同様

    そうそう多くは接してないが現代の演劇
    劇場の使い方によるのかもしれないが 幕のあるのを観たことがない
    舞台は客席に入った時点からそこにあって
    役者もすでにそこにいたりいなかったり 時間や場の空気から物語が始まって
    拍手を始まりにすることがなかった 経験上

    じゃあ幕があいて拍手が起こる状態はなんなのか
    オーケストラの前に指揮者が立つのと一緒で
    これから始まる ということが明示されているように感じるからか
    わーこのレストランすてきーと心沸き立つ中
    今日のコースはこんなメニューですけどいかがスか
    あ それでよござんす やっておくんなまし
    客席とは違う 舞台上に広がった世界に対する感銘
    これからやる人々への期待と提示された世界に対する礼儀の拍手
    舞台上の世界自体を 観るべき価値ある見せ物としてとらえている てことか

    では一方 人のいない舞台に対する拍手が誤り
    となる考えはどういったものか
    何に対して拍手が起こるかを上記のように考えたとするなら
    舞台上に広がった世界 色気なく言って舞台装置を"特異なもの"
    観るべき価値ある見せ物 としてみなしてはおらず
    観るべき価値は これから始まる物語とそれを体現する人の芸に置いていて
    ここに何十年来ある馴染みの寿司屋へ行ったらば 
    今日は上物のサバが入ったからって
    うまいシメサバとサバの握りとサバ味噌とあら汁でサバサバづくし
    次に行ったら立て替えてはいたが 
    いつものオヤジはいつものオヤジで馴染みのまま
    だけどその日はウマい貝ばかりが手に入ったからって
    赤貝の握りにアワビの刺身 〆は蛤のお吸い物とアサリご飯で大満足

    みたいなことか え なに 大衆のものか セレブ向けかってことなのか
    大衆のものだった歌舞伎が高尚になって
    セレブ向けだとすっかり定着してしまった というそのことが
    幕が開いたら拍手する という現象を生んだってことか
    って思ったけど いろんなところが破綻してる
     
    そんなことよか 今ものすごく アサリご飯が食べたくなった夜な夜な3時
    だから必殺 投げやりやり逃げ
    追われるなら逃げたい 逃げるなら追いたい ただし途中まで

    おやすみなさい


    Pagination

    Utility

    わたしのこと

    いいむらえりこ

    Author:いいむらえりこ
    歌舞伎のイタコ修行中
    義太夫手習もそろそろと
    マイ・ハンダごては2本所持
    お坊さんとの遭遇が私のユンケル

    墓に片足つっこんだ話

    05  09  08  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

    さがしものはこちらから↓

    きゅうりであるQR

    QRコード

    ブロとも申請したい稀有な人へ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。