スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    かき揚げ蕎麦に会いづらい西新宿は不毛地帯

    長時間の座り続けに食欲萎えて
    迎えたランチタイムのお待ちかね感のなさに辟易
    けれど何を食べとこうかと考えると
    必ずかかる天秤は スタバか蕎麦かの二者択一
    その瞬間 蕎麦だろ蕎麦 という啓示
    愛だろ、愛 なみに脳天直撃セガサターン(古い)
    コピーライターのチカラは絶大

    さて そんな思案のもと
    イイ蕎麦なんて枯れ果てている西新宿のあの界隈
    いつものあの 大橋や にでもするかと
    歩みを進める 花粉舞い踊る青梅街道
    ふと右手を見ると 蕎麦の写真
    ああここにもあったよね 入ったことはないけれど と
    足を踏み入れたのが 柏木ふじ家 というお店

    ほわんと漂うタバコの香り 分煙禁煙ともに無し
    なんでもランチセットがお得と見えたけれど
    蕎麦+天丼とか 炭水化物のフォーメーション攻撃に
    イマイチそそられない者としては
    普通のメニューから頼みたく候
    そこで恒例 かき揚げ蕎麦を探してみたものの
    どこにも見当たらず さてどうしようと思ったところ
    先頃 極私的にブームの様相を呈していた
    鴨せいろをみつけたため それにした

    運ばれてきた鴨せいろ 鴨は薄手でツユはずいぶん甘め
    蕎麦の盛りはまあよくある ちょいと少なめ
    食べてみると少し苦手な ツナギ多めのぷりぷり感あり
    特別まずいわけではないけど 
    やはり良い蕎麦不毛地帯の西新宿を痛感する
    けれどひとつ なんだかわかりづらいデザートが
    お盆の端っこにのっていて 嬉しさは50円拾ったくらい
    黒蜜と蕎麦の実がかかっているそれは乳白色
    葛餅かとおもってスプーンですくうと 粘着質な柔らかさ
    ちょうど ういろうと船橋屋のくず餅を 
    足しても割らずにそのまま出た感じ
    上にのった蕎麦の実は煎ってあるのか 
    アーモンドのようにカリカリしていて 
    それと黒蜜の混ざったのが良い具合だった

    隣のテーブルにいた2人連れのサラリーマンが
    いかにいかがわしい店の代金を 
    領収書を使って経費で落とすか 
    先輩サラリーマンの匠の技とは!などなど
    油っぽい話をしていた

    そんな 西新宿の遅い昼
    柏木ふじ家 も 
    トウキョウ イタコ蕎麦 もしくはかき揚げ図 に
    絶賛ぶちこみ済み


    より大きな地図で トウキョウイタコ蕎麦もしくはかき揚げ図 を表示




    スポンサーサイト

    3.11-2

    私の3.11

    つづき

    西新宿の25階までウナギのチカラでのぼって
    バイト先につくと 社内には多くの人
    帰る人 働く人 いろいろではあったけど概ね帰る方向
    席に座ってPC立ち上げながら 
    常につけっ放しのテレビを眺めると 信じられない映像
    さっきまで携帯の小さい画面で見ていたのよりも
    よりはっきりと今どうなってるのかがわかって呆然となる
    東京でも死亡者や負傷者がでてきていて
    電車は全部止まっているというし
    地震の時にメールをして まだ恵比寿にいた母が心配になる
    いろんなところの友人や親戚などなどとにかく心配
    まわりの人も働きつつ 方々に連絡をとろうとするけど
    電話もメールもつながらない
    合間に何度も大きめの余震 
    25階では船のように大きく揺れる 酔いそうになる

    フロアの大きな窓はブラインドがすっかりあげられていて
    東東京と西新宿が見渡せていた
    おお という声とともに東東京側の窓にみんな駆け寄る
    野次馬根性発揮で向かってみると
    遠くのビルの上に炎 ちょうど灯をともしたろうそくのよう
    ただその火は赤々と暴れていて ビル火災かと思ったら
    その時報道されていた 千葉の市原のコスモ石油の火災だとわかる
    一度 どうっと炎が大きく膨らんだ
    こんなところからも見えるくらいの火災が ますます
    大きな地震だったんだということを感じさせた

    それからずっとなんとなく興奮した状態で
    携帯を気にしながら 刻々と惨状が見えてくるテレビを見ながら
    電車も止まっていることだし 今日は泊まりだと覚悟しながら働いた
    途中 携帯電話会社の災害掲示板に気づき そこで家族の安否を知る

    夜遅くなって地下鉄など一部が動き始めたため
    どうしても帰りたくなる
    隣の駅まで帰れることがわかったので 定時であがって駅まで急いだ
    大通りにはぞろぞろと歩いて帰宅する人々
    車はみっちりと渋滞している 雰囲気はやはり異様
    駅についてホームへ行くと 乗りたい側には行列
    ベンチに座って眠っている人もいて 運行し始めたとはいえ
    ずいぶん間隔があいているのだと知る
    でも乗れば帰れるのだから大いに幸せ 
    対向にわりと頻繁にくる電車をうらめしく思いながらも
    終夜運転を決めてくれた路線と駅員さんたちに感謝
    40~50分待ってようやく乗れる

    おそらくひどい混雑具合になると覚悟していたけど
    その乗車時点では ぎゅうぎゅうでもまだ余裕はあった
    これなら大丈夫と思ったところ 停まる駅停まる駅にあふれる人
    押し込まれて押し込まれて 座っている人の上に座りそうになる
    支える腕も限界 電車は速度制限をしていて遅く走る
    ひと駅ごとにどんどん圧縮 それでも帰れるだけ幸せと
    誰もが耐えていた そんなとき
    2人はさんだ隣あたりにいるオジさんの荒い鼻息がきこえた
    窓ガラスに両手をついて 懸命に耐えている顔は真っ赤
    そしてついに「痛い痛い イタイぁぁぁイっっっ」と怒り始めた
    そしてフンガフンガと興奮した様子でまわりをにらむ
    車両の全員がぽかんとして眺めていた
    痛いのはみんな一緒で耐えているんだがな と
    その視線に気づいたのかそのオジさんは 
    鼻息は抑えられないようであったけど 大人しい雰囲気になった

    そんな骨折する思いで2時間くらい
    ようやく降りる駅について 
    電池のなくなりかけた携帯の電源を入れて
    家に先についているはずの弟に電話がつながった時には
    本当にほっとした
    その時点ではまだ母と 母を迎えにいった父たちは
    帰っていなかったけれど その動向がわかっただけ安心
    国道沿いを家まで歩く
    すれ違う人すれ違う人 半ば足をひきずっている
    みんなずいぶん歩いて帰ってきたらしい 夜中の3時近く
    やはり今日は異様な日だと思った

    途中で自転車で迎えにきてくれた弟に遭遇
    ほんとうに嬉しかった
    今日のいろいろなことを話しながら家に着いて
    テレビをつけて さらに目の当たりにする被災地の惨状
    無事とわかっていながらも まだ帰らない両親たちが心配で
    リビングに布団を敷いて テレビを見ながら帰りを待った


     

    Pagination

    Utility

    わたしのこと

    いいむらえりこ

    Author:いいむらえりこ
    歌舞伎のイタコ修行中
    義太夫手習もそろそろと
    マイ・ハンダごては2本所持
    お坊さんとの遭遇が私のユンケル

    墓に片足つっこんだ話

    05  09  08  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

    さがしものはこちらから↓

    きゅうりであるQR

    QRコード

    ブロとも申請したい稀有な人へ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。