スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    つれづれてずれずれ

    今朝起きたら断水で
    バイト終わって帰ればズブ濡れで
    人生とはそのようにできていると思った一日であった

    中でも覚悟は大事だなと

    ちょうど市橋容疑者が逮捕で
    さらに森繁久彌さんが亡くなる(←ジジ通信号外対象)

    捕まる寸前はフェリー乗り場にいたという
    その前に沖縄行きはここではないと断ったフェリー乗り場の係が
    今からそっちに向かう男が市橋容疑者だと思うので通報を
    と伝えたのだという
    人間備わる第六感 これがどこからくるか知れないが
    虫の知らせはあとから思えばあるはずで 
    フェリー乗り場で待つ間の市橋容疑者の内側には
    何らかの予感がしたのじゃないかと 勝手に思う
    それで声がかけられた瞬間にはきっと 覚悟ができていたとも思う
    捕まってよかった そう思った犯罪者の話をよく耳にする
    逃げ続けるには想像できないほどの強さが必要のよう

    あきらめて覚悟 あきらめて覚悟
    それはどういうことなのか とりあえず唱えてみた

    森繁久彌さんは大往生だとご本人 思ってか思わずか知らないが
    端から見ると大往生で きっと次の世界をしっかり覚悟していた
    もうこの人生ここまででいっかな よくやったな
    それじゃあどうもさようならと

    あきらめてみると世界が広がるのだと
    そんな話が書かれている本を ちょうど最近読んでいたからか
    妙なひっかかりかたをしているこの二項

    どぼどぼ降ってる雨の中を ぎゅっと身を締めて歩いていたが
    どうせ濡れてしまうのだから そんなことはもったいないと途中から
    いつものように顔をあげて へらっへら歩いたら すこぶる爽快

    ああ そんなもんね と妙に納得
    覚悟ができるときがそれをする時
    覚悟ができないならばそれをしてはいけない時
    齢27にして雨にざんぶり打たれられたのも 
    齢27になるまで雨に素直に打たれられなかったのも
    そいつぁ仕方のないことでございましたと

    ようやく自分の人生を引き受けることができるようになったような
    気がするような気がするかもしれない


    スポンサーサイト

    Pagination

    Utility

    わたしのこと

    いいむらえりこ

    Author:いいむらえりこ
    歌舞伎のイタコ修行中
    義太夫手習もそろそろと
    マイ・ハンダごては2本所持
    お坊さんとの遭遇が私のユンケル

    墓に片足つっこんだ話

    05  09  08  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

    さがしものはこちらから↓

    きゅうりであるQR

    QRコード

    ブロとも申請したい稀有な人へ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。