スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    冥途の飛脚に送料たずね損ねる

    どでーんと鳴った三味線の音に アタマの毛たつ
    その瞬間 ごぼごぼとあらゆる毛穴から
    ユンケルでも注がれた気分
    あ~これが欲しかったんだと思った

    東京都写真美術館で上映されている
    文楽 冥途の飛脚
    地震から一週間ぶりに電車にゆられて観に行った



    知ったきっかけは 映像作家の友人
    海外の映画祭で仲良くなった
    カナダ人監督のドキュメンタリーが恵比寿で上映される
    ということからで その詳細をみてみると なんとまあ
    昭和54年 今から32年前に 文楽を撮影した
    日本未公開のドキュメンタリーだという
    しかも大夫(たゆう)は 竹本越路大夫を始め 
    竹本文字大夫(現 竹本住大夫) 竹本織大夫(現 竹本綱大夫)
    三味線は 鶴澤燕三(五世) 鶴澤清治 野澤錦糸(四世)
    人形遣いは 吉田玉男 吉田簑助 桐竹勘十郎(二世)
    当時はたまた現在の人間国宝ぞろり 名人ぞろり
    いうなれば昭和の文楽界のオールスター
    なおかつ音楽音響監修が 武満徹ときて
    いったいどうなっているんだろうと興味膨れ上がる

    87分 2,300円ぽっきり@東京都写真美術館ホール

    お客さんはやはりご年配が多数 といっても
    全部で15人くらいしかいなかった
    その15人の中で最も前方に座ってみた

    冥途の飛脚 と ばーんとタイトルが出て
    若き現綱大夫さんと五世燕三さん
    そして始まった三味線に 冒頭の鳥肌トリ頭と相成った
    内容はドキュメンタリーときいていたので
    その舞台裏などあるのかと思いのほか
    冥途の飛脚という話 文楽を真っ向勝負で撮っている
    私が文楽と出会うずっと以前に亡くなっている方々の芸
    そして今よりも30年若かった頃の芸がそこにあって
    しかもカメラは迫りに迫っている
    ただの舞台の録画ではなし 文楽のまさしく映画だった
    実際にこの話を全部観たら 3時間はかかるところ
    劇場においてあった紙に書いてあったのだけれど
    物語を重視して2000時間以上かけて 
    1時間半に編集したのだという 脇汗
    なので仕方がないけれど 途中途中
    音の流れが途切れてしまってはいた

    吉田玉男さんの芸を実際に観たことはない
    でもこの映画でそのすごさが少し観られた気がした
    人形が忠兵衛という情けない弱い男そのもので
    とくに肩がそれを表していたように感じた
    私が梅川の友人でもあったら あんな男やめておけと
    罵倒してしまいそうな 苛立たせる風情
    まだ文楽をちゃんと観る目が私にはないけれど
    そのように感じ取った

    そして今体調を崩されている綱大夫さんと
    住大夫さんのマイナス30歳時代
    今現在の綱大夫さんも住大夫さんも
    まだ数回しか聞いたことがない
    でも明らかに というか当然 声量がちがう
    芸の頂点がどこかはわからないけれど 
    頂点に向かおうとする気概と壮年のパワフルさ
    でも登場人物をくっきりと繊細に演じ分けて
    その心まで表れてくる
    芸がどういうものか なんとなく知った気がした
    越路大夫さんはまったく始めて聞いたのだけれど
    すっとしていて知的 でも力強いと感覚した

    三味線はもうめろめろ
    自分がいかにこの太棹の三味線の音が好きか再確認
    好きな割にまだ聴き分ける耳が育っていない
    でも中でも 五世燕三さんの音にシビれたらしいので
    それもこれもあれもイッショクタに
    しっかり観て聴いて 
    なぜ自分がそう感覚するのか知覚したい 
    そのためには
    冥途の飛脚 第2ラウンドいくしかない

    そんな 半ば書くのが面倒くさくなったのをばらしつつ
    今日はお開き 明日はご開帳

    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    http://tokyoitaco.blog83.fc2.com/tb.php/102-6e48a134

    Comment

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    わたしのこと

    いいむらえりこ

    Author:いいむらえりこ
    歌舞伎のイタコ修行中
    義太夫手習もそろそろと
    マイ・ハンダごては2本所持
    お坊さんとの遭遇が私のユンケル

    墓に片足つっこんだ話

    05  09  08  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

    さがしものはこちらから↓

    きゅうりであるQR

    QRコード

    ブロとも申請したい稀有な人へ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。