スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    打つか書くかだけが勝負でなし

    無事に本日初日を迎えた花形歌舞伎
    朝からチェックしに行った
    櫓のお七の前は 花魁草(おいらんそう) という演目
    新派での上演からは15年振り
    歌舞伎での上演は 実に30年振りの上演って 
    今年で三十路になるはずの私にタイムリー
    でも何よりタイムリーと言えば その設定
    江戸末期にあった安政の大地震を生き延びた男女の話
    実説は知らないけれど このお芝居を観る限り
    実に当時の江戸の人々はたくましく復興した様子
    ただ地震はあくまできっかけで その男女の切ない思い合いに主眼
    笑いあり涙ありで展開していくのでとても見やすくぐっとくる

    それにしても言葉を扱うというのは いろんな意味でデリケート
    今までほぼ85%は手書きで原稿を書いていた
    でも今回 PCを新調したこともあって 言葉を打っていった
    以前から思っていたことだけど 打つと書くとじゃ言葉が変わってくる
    とりわけ私の場合 書くととてつもなくねばっこいというか
    文語的というか 鉛筆握ってる時間の二乗くらいどろっとした言葉になる
    そうなるとその後 録音しなきゃならない場合
    耳から入ると非常にわかりにくい言葉になっている

    一方 打つというときは 思考の速度 
    もしくは話す速度に近い状態で 言葉を紡いでいけるために 
    悪く言えばカルいが 良く言えば軽やかな言葉になっていく
    それでもこのブログ同様 若干ねばっこさが残るものの それでもマシ
    さらに活字になることで 客観視できるから 推敲しやすい
    より 耳から入っても理解しやすい言葉になる 私の場合
    まだ改善の余地はおそろしいほどあるけれど

    そんな感じの話題を今回 先輩お2人と話す機会があった
    子供向けのイベントだったために 
    ひらがなで打ったら よりわかりやすい表現になった とか
    人それぞれ感覚は違うにせよ いろいろと面白い話をきけた

    本当は書く方が PCと電源がいる上 
    プリントアウトしなきゃいけないような おっくうな状況がなく 
    身ひとつに近い機動力もあって
    非力でめんどくさがりやな私には好ましいのだけど
    表現手段として考えてみれば 打つのも書くのも
    どちらか一方にこだわりすぎることもない 
    そのつどそのつど 気分のいい方 対象に合う方を
    のらりくらりと選ぶのが 結局のところ一番の肝心



    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    http://tokyoitaco.blog83.fc2.com/tb.php/114-40962a6e

    Comment

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    わたしのこと

    いいむらえりこ

    Author:いいむらえりこ
    歌舞伎のイタコ修行中
    義太夫手習もそろそろと
    マイ・ハンダごては2本所持
    お坊さんとの遭遇が私のユンケル

    墓に片足つっこんだ話

    05  09  08  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

    さがしものはこちらから↓

    きゅうりであるQR

    QRコード

    ブロとも申請したい稀有な人へ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。