スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    棚ボタ雅楽での思考の顛末

    以前の職場に 東儀秀樹さんが買い物に来たことがある
    髪は乱れ シャツはなんとなくへろへろ
    ヴィトンのバケツ型バッグを持って 少し急いでいたようだった
    公共放映と私生活とは わけておいてあげたいもの

    今年はどうも雅楽が棚ボタしてくる傾向にある

    一度目は六月くらいだったか 習っている義太夫三味線の先生から
    チケットがあるからお稽古お休みにして聴きに行こうと
    誘って頂いたので 早めに集合してお茶かと思いきや
    生まれ持った性状につき ビールをひとしきり呑んで
    それから紀尾井ホールに出かけて行った これが一度目

    そして今日 六年ぶりだかの晴れた中秋の満月
    二度目となった雅楽えくすぺりえんす
    先日からの あらかじめの打診により 
    バイト先の上司が もらったけれど行けないかもしれないかもな
    赤坂にある日枝神社での 中秋管絃祭のチケットを譲って頂いたため
    朝7時からのバイトを終えた後 向かった

    雅楽と言えば武満徹の「秋庭歌一具」
    これをなぜかずいぶん以前に買って 好きで聴いていたのだが
    神社の境内で ナマで ソトで 風の吹く中 虫の音の中
    雅楽を聴くというは初めてのこと

    社殿の正面に作られた舞台の両脇には 
    葉のたくさんついた 細くて背の高い笹だか竹だが添えられ
    境内の孟宗竹とともに ざわざわとしていた
    ぐるりと見回すと赤坂のビルたち 
    かえって社殿の朱がきっぱりみえる

    そんな中始まった中秋管絃祭
    始めの山王太鼓という力強い太鼓が終わって いよいよ管弦
    チューニングが曲になった 黄鐘調音取(おうしきちょうのねとり)
    から始まり三曲 次いで神楽舞も三曲
    座った席がたいそう見づらかったことと 早朝バイトがたたり
    神楽舞の途中はうつらうつらとあの世気取り
    それから15分の休憩を挿んで 舞楽となった
    舞楽は以前 紀尾井ホールで観た時も面白く
    これは席を替えて 正面ぎみからじっくり観た

    舞楽は 足を広げて 腰を落として またすっくと立ち
    みたいな動きが多く 手の振りにしても腕全体をまわす
    太刀や盾 槍を持って勇ましく 戦いの様子などを舞うものだけど
    鋭くない太極拳 もしくは ゆっくりなラジオ体操
    細かい部分は全て排除したアルゴリズム体操
    またはとても美しく整った運動会のお遊戯
    乱暴に言えばこんなふうでもあるような気がする
    故に装飾をすべて省いた舞 という感じでもあって
    かえってこの世のものではない 捧げものな様子がいい

    そして雅楽
    この雅楽の音はとても興味深い 環境音というか
    風景や現象を描写しているような感じがいつもする
    篳篥(ひちりき)で同じ旋律を ちょっとズラしながら何人もで吹いていく
    しまいには おんぎゃーおんぎゃーと 
    赤子の泣き声のようにも聞こえる ノイズと紙一重の状態
    そこからふっと ひとりのひちりきだけ残って浮かび上がる
    木々のざわめきかとも思う音
    鞨鼓(かっこ)は トン トトト と控えめに
    雨粒の落ちるようなリズムをつける
    箏は おちょくるのか気まぐれのような風
    琵琶は 影に翻弄される月の木漏れた光 などなどなど
    何にも慌てない世界の音がする

    そこでひょいと思いついたのは 先月急逝したrei harakami
    あの人の音楽は ポップだけどどうも現象っぽい
    古代的というかなんというか そういう感覚があるように思っていた
    たぶんあの人は シンセで雅楽をやっていた と勝手に確信
    テンポは格段に速いけれど rei harakamiで舞楽っていうのも
    なかなか面白いかもしれない

    なんて想像しながら十五夜
    月見団子よりも サバの塩焼きが美味しかったのは
    確実に大人の階段を登っている証拠である

    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    http://tokyoitaco.blog83.fc2.com/tb.php/123-749a9aba

    Comment

    しろごま太郎冠者

    鋭くない太極拳www
    • URL
    • 2011/09/13 15:05

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    わたしのこと

    いいむらえりこ

    Author:いいむらえりこ
    歌舞伎のイタコ修行中
    義太夫手習もそろそろと
    マイ・ハンダごては2本所持
    お坊さんとの遭遇が私のユンケル

    墓に片足つっこんだ話

    05  09  08  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

    さがしものはこちらから↓

    きゅうりであるQR

    QRコード

    ブロとも申請したい稀有な人へ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。