スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    エビを観てみて顧みる

    2月に実家へ戻ってきてから なんだかんだ怒濤の日々で
    引っ越してきた荷物を片付けきれずにいたため
    えいやっ と 先日 ひとまずいらないもの分別をしてみたところ
    収納力の低い我が部屋では 一度出して戻る場所を失った輩が
    ゾンビのごとく野宿することになってしまった
    ベッドの上のみが作業スペースと相成り果て 
    早いところ近くのホームセンターへ行って 棚を作らないと
    原稿書きもままならないという 部屋にいながら難民状態の私でございます

    そんな本日は 新橋演舞場の夜の部を観にえ~んやこら

    一、一谷嫩軍記 熊谷陣屋(くまがいじんや)

    二、うかれ坊主(うかれぼうず)

    三、歌舞伎十八番の内
      助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)
      三浦屋格子先より 水入りまで

    熊谷陣屋は 御名残四月大歌舞伎において
    スイマーたちに襲撃されたとあって リベンジと思って少し気合い入れた
    そしたら見事 リベンジ成し遂げた というのはどうでもよく
    このお話はもちろん 一谷嫩軍記の一部分なのだけれど 
    本当にわかりにくいと痛感 だから 借りててよかったイヤホンガイド
    急に 密告してやる と出てきた梶原平三景時が 花道を走って
    揚げ幕の向こうに行った途端に音がする それは何かと言えば 
    のちに出てくる弥陀六が投げた手裏剣に当たって死んだ ということだ
    などなどなど・・・ごふっ でも知ってれば ぐふっ
    そういうことを知って観る人は 初めての人ではないことは当然
    初めて観る人がいなくなれば 新しい観客がいなくなる
    井上ひさしさんじゃないけど むずかしいことをやさしく のようなことが
    これから本当に歌舞伎の周辺で必要なんだろうと思った

    うかれ坊主 題名だけできゅん
    しかし 楽しそうなのに微妙に楽しそうでなかった
    そこは問題じゃないのだろうか

    助六 市川海老蔵という人は 存在の華がすごいなあと痛感
    「そういう星のもとに生まれた」 とか
    生まれながらにして人には役割が与えられていることを感じた
    だってさだってさ この人がこんな華々しい人がイチ会社員であったり
    八百屋さんであったり 警察官であったり するわけがない
    歌舞伎役者 市川海老蔵 にしかなれないんだなあ と
    そして本当に この人が花川戸助六なのだと感じた
    福助さんの揚巻が ちょっと傾城にしては
    品というか ピンとした部分というか 何か到達してないように思えた
    しかし 22年ぶりの上演となった「水入り」よかった
    揚巻が 棒がわしの身へちょっとでも触れば五丁町は暗闇じゃぞえ~
    と啖呵 なんと素敵!こんなことを言えるようなおなごになりたい!

    などなどなどどなどなど~な~どぉな~

    たくさん舞台を観て 勉強しなければ というより 知りたい!と
    観劇するたびにとても思う

    私の人生にはどんな役割があるのか
    歌舞伎をちゃんと見始めたのは ごく最近
    歌舞伎通の方々はごく幼い頃から もしくは青春な時期からという方が多く
    どの世界の通の人もそうだけど 本当にたくさんのことを知っている
    あまり知らない私が 解説をすることになったということは
    眉をひそめるようなことかもしれないけれど
    なぜか不思議とこの仕事へたどり着いた ということを大切にすべきなのだろう
    海老蔵さんの助六で感じたことと 私のそれは別ではなく
    自分の役割として与えられたことなんだろう

    そう思い始めたらますます精進しないといけないなあ と思うわけで
    本日これ切り さよなら さよなら さよなら




    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    http://tokyoitaco.blog83.fc2.com/tb.php/47-32864fdb

    Comment

    JS

    めし狐さん、はじめまして。
    わたしも同じ舞台を観てきました。めし狐さんの感想、わかりやすくて的を得ていますね!
    確かに海老蔵が会社の部下だったりとか、ありえない感じします。(笑)

    めし狐

    >JSさん
    はじめまして~ いやいや 観る目を育て途中でああだこうだいってるばかりです
    海老蔵さん部下だったら 扱いにくそうだし(笑)
    JSさんなんか面白そうなこと始めるみたいですね?
    またいらしてください

    ともこねこ

    海老蔵さんと誕生日一緒なんだけどね。。。
    むこうが一歳お兄さん。
    この違い、涙が出てくらぁ。
    • URL
    • 2010/05/14 00:51
    • Edit

    めし狐

    >ともこねこ

    知ってたぜ誕生日一緒
    何言ってんの~海老蔵が真似できない人生送ってんぢゃないの~

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    わたしのこと

    いいむらえりこ

    Author:いいむらえりこ
    歌舞伎のイタコ修行中
    義太夫手習もそろそろと
    マイ・ハンダごては2本所持
    お坊さんとの遭遇が私のユンケル

    墓に片足つっこんだ話

    05  09  08  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

    さがしものはこちらから↓

    きゅうりであるQR

    QRコード

    ブロとも申請したい稀有な人へ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。