スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    かき揚げショッキングピンクの衝撃

    昨日の真夏日よりも幾分やわらいだ今日は何でもよい日和
    義太夫教室は音調の授業で竹本弥乃太夫先生の飄々とした授業楽し
    義太夫はロックだと途中で身悶え 
    その後は 寺入りの段がずんずん進んで 私は低い声も大きな声もでず
    さらに本日は妙に足がしびれてもよもよもよもよ
    それでもやっぱり楽しいがもよもよもよもよしていると 腹が減った
    終わったようし 蕎麦屋を探しにいこうと外へ出ると
    豊川稲荷は大祭で 朱色の傘の下 琴が演奏されており それに加えて
    房総の富山から物産の出店があった といっても大した出店ではなかったが
    串に刺した平たい「さんが焼き」を焼いていて思わず財布をスタンバイ
    にやにやしながら ひとつ買って お狐さんをにらみつつ
    タバコぷかぷか吸うおばあさんの横 ベンチに座って食べた うまうま

    それから神保町に立ち寄ってから帰ろうと思い立って
    神保町へと向かう ついた 地上に出る 歩く
    ひょろっと入ってはながめ ひょろっと入ってはながめ
    給料日前のフトコロ思って 運命の出会いなんてしたらどうしようと
    カラダとココロの準備ができてないオトメの恥じらいの如く
    どきどきしながら ひょろっひょろしていたが 
    たまに靖国通りを隔てた向こうの
    ドーナツ屋とかチェーンのそば屋が気になる腹具合

    どうせ今運命の出会いをしたって買えないのだからと観念し
    靖国通りを駿河台の坂の方へと渡ったが 
    今見える範囲のそば屋に入りたくない
    入りたくないのでぐっと駿河台の坂を上っていった その間 
    KGBのスパイ並みの眼力であたりを見回していたつもりだが 
    カレー屋やカフェはあれど どうしてもそば屋が見当たらない 
    おシャレっぽいカフェのあまり美味しくないランチに1000円出して
    雰囲気食らって納得できるほど素直な女じゃございません
    今日はカレーの気分でもございません と
    こうなったら仕方ない 腹をくくって内臓もろ出し腹案 
    駿河台の坂途中にある富士そばで収めるしかない
     
    そしてひとり 24時間営業富士そばの食券機の前に立った
    すると途端に目に飛び込んだのは 
    通常420円が390円 桜えびのかき揚げそば/うどん これだ
    「駿河」台の「富士」そばで「桜えび」なんて 御茶の水にいながら
    静岡観光気分じゃないかとか思ったり思わなかったりで
    ちゃっと食券買って「いらっしゃいませ」 「これ 蕎麦で」
    待つこと30秒ほどで蕎麦を受け取り なかなか混み合う店内
    奇声をたびたび発するややマッチョなジャージ男子の隣で食べ始めた 
    ひさびさのかき揚げ~っとちょっとうきうきしながら
    丼のてっぺん4分の3の面積を陣取る桜えびの固まりを箸で切った
    すると なんたるショッキングピンク
    天ぷらのタネに色うつりする様はまるで 手で溶けないでお口で溶けたM&M
    しかし林家ペー&パー子のように 食べれば芸がないわけでないかもと
    勇気を一滴ふり絞り 口へと運んだ すると
    モソモソしてとてもおいしくない エビの風味はするんだけれど
    もはやこれは桜エビ型のカルシウムをまとめて作った
    大きくてソフトな錠剤に近い
    お蕎麦はちょっと苦手なぷりぷり気味であったのだけれど 
    ショッキングピンクの衝撃によって 今では記憶があまり定かでない
    恐るべし 富士そば 恐るべし ショッキングピンク

    しかしこういう体験も 嫌いじゃないなと思いながら
    トウキョウイタコかき揚げ図に ひさびさのかき揚げ蕎麦として仲間入り


     

    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    http://tokyoitaco.blog83.fc2.com/tb.php/50-3fb4c8d1

    Comment

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    わたしのこと

    いいむらえりこ

    Author:いいむらえりこ
    歌舞伎のイタコ修行中
    義太夫手習もそろそろと
    マイ・ハンダごては2本所持
    お坊さんとの遭遇が私のユンケル

    墓に片足つっこんだ話

    05  09  08  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

    さがしものはこちらから↓

    きゅうりであるQR

    QRコード

    ブロとも申請したい稀有な人へ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。