スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    京都ひとり競歩旅行・破

    滞在時間24時間の強行京都競歩旅行

    西陣のゲストハウス 金魚家ひとまず荷物を置いてから
    行ってきます と 外に出た
    金魚家の背の高いお兄さんがくれた 周辺マップを見て
    昔ながらの町家の残る一角へとりあえず向かった
    地元のおばあさんたちが ふいに民家の合間から出てくる
    その出て来方はおそらく全国共通だなあ とぼんやり見てると
    ご近所さんと京都弁で話しだして ああ ここ 京都か 
    と妙な感じで旅の風情を感じる
    そして残る京の町家
    nishijinmachiya.jpg
    玄関開けたら1秒で他人とご挨拶 というような密接な雰囲気
    おかずだって亭主だって貸します借ります
    というのは極端かもしれないが 人と暮らすための家並と感じる
    奥の方にドラートというはちみつ専門店があったらしいが 
    それに気づいたのはあとで夕飯を食べながら 
    金魚家のお兄さんにもらった 西陣周辺のオススメのお店一覧を 
    見返してる時ですでに遅し
    それから少し大きい通りに出て歩いたり ちょっと曲がって
    わざわざ細い道を選んで歩いたりしながら
    もう拝観できる時間じゃないがとりあえず と 大徳寺へ向かうと 
    中に集まる寺院ひとつひとつはもちろん閉まっていたけれど
    通りは歩けたのでなんとなく歩く 
    当然坊さんに遭遇ならずで 私の京都坊主カウンターはゼロのまま
    しかし明日になれば会えるだろうと するっと通り抜けて夕飯に向かう

    宿のお兄さんオススメの夕飯どころは 銭湯を改造したカフェだという
    せっかく旅に来たのだから ご当地名物を食べたい
    まして夕飯にカフェなんぞ と思っていたけど 
    今からどこかへ移動する気力もないしわからない
    ご当地の生活に馴染んでみるというのもオツなものだし
    その並びには わらびもち屋と古き良き銭湯があるというので
    日の暮れる前に写真に収めようと 大徳寺から急ぎ歩いた
    そして見つけた船岡温泉
    hunaokaonsen.jpg
    どうも銭湯マニアの中では日本最強の銭湯と呼ばれるところらしい
    宿を出る時 しっかりタオルと着替えを持って出たので
    夕飯後に入りに来ようとにやにや 道をカフェのあるらしい方向へ
    途中気になるパン屋とおいしそうな食堂 スガマチ食堂にそそられるも
    とりあえずオススメカフェを見てからと通り過ぎる
    十字路の角に古く風情あるそば屋をみつけたらその隣に あった
    さらさ西陣という いかにも銭湯だった外観のすてきそうなカフェ
    しかしその外観を気づけば撮りそこねていたのでそれはHPでどうぞ
    けれどここでスグに入るような素直さを持ち合わせていない私は
    並びのおいしくて有名なわらびもち屋茶洛であわよくば
    と思っていたが 行けばすでに売り切れ御免
    シカタナイ素直にカフェに入ろうと思ったその時カフェと茶洛の間に
    おだやかな風情の紙屋を見つける その名もかみ添
    まだ若い嘉戸浩さんという方が一枚一枚 漉いて文様を型押しして
    便せんからカード 襖の紙までいろいろ作っているらしい
    人生の中で何を一番買っているかと言えば おそらく 紙
    何に使うとも決めずにぴんときたら 思わず買ってしまう
    どれもこれも淡く品があって しかしぴりっとしたデザイン
    もろもろ欲しくなる心をぐっと押さえて この旅路で
    がつがつ歩いてもまだ影響が少なそうなポストカードを
    明日会うはずの友人修行僧にもあげることを念頭に 
    3枚買った
    kamisoecard.jpg
    とてもここの紙が気に入った旨などをご主人に話をしたら
    いよいよ腹へってきた 
    かみ添を出て ようやくすぐ隣のカフェへ 夕飯にありつきに向かう

    と ここまででもだいぶ長い だからつづきはまたのちほど







    Pagination

    Trackback

    Trackback URL

    http://tokyoitaco.blog83.fc2.com/tb.php/56-42f2fb99

    Comment

    Post Your Comment

    コメント登録フォーム
    公開設定

    Utility

    わたしのこと

    いいむらえりこ

    Author:いいむらえりこ
    歌舞伎のイタコ修行中
    義太夫手習もそろそろと
    マイ・ハンダごては2本所持
    お坊さんとの遭遇が私のユンケル

    墓に片足つっこんだ話

    05  09  08  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

    さがしものはこちらから↓

    きゅうりであるQR

    QRコード

    ブロとも申請したい稀有な人へ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。