スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    縁切りにキャッシュバックは役立たず

    何がしかのタタリか などとはつゆとも思わねど
    数年ぶりの口内炎に 人生の酸いの部分のみ身にしみる
    でもチョコもしみる 甘いばかりの人生も
    実はツライものなのだねと ちょっとばかり
    ヤケになる はずもないアラサー

    一昨日 3月26日土曜日
    義太夫教室第63期 修了と相成りました
    これまでの人生 学校とか何か10人以上の集団に
    属すことが平均的に苦手だったのだけど 年の功か
    それとも そこでするものというのがよかったのか
    最後の最後にはとても鮮やかにすがすがしかった
    義太夫 語りと三味線
    地震の一週間前が発表会で 本当に私たちは運がよかった
    最後のひとりひとりの挨拶でどなたかが
    おっしゃっていたけれど 本当に本当にそう思う
    義太夫協会から借りていた三味線を
    名残惜しくも返して保証金キャッシュバック
    そこから心がふわふわして 30%ほど無計画に
    三味線購入すると申し出て 話をつけた
    そして修了証をもらい懇親会へ行き 飲んで話して食べて
    様々なバックグラウンドを持つ方々が こうしてなぜか
    義太夫に興味を持って なかなか目立たないチラシや協会のHPから
    情報収集してこの教室に漕ぎ着けたってのだから
    人の人生の面白さと ご縁という言葉を噛み締める
    ならばもっといろいろな方々とちゃんと話たかったと思う

    懇親会後は寛也先生のお稽古場を見に行く方がいたので
    いくいくいくとついていき 津賀榮先生も巻き込み
    見学どころかお酒をごちそうになって
    色々なことを話せて とてつもなくいい時間を過ごす

    どうも本当に あの教室に集まっていた方々というのは
    ひとり残らず独特で 自分の世界をはっきりくっきり
    持っていて素敵だった
    そして芸をもつ人への憧れも増しに増す

    4月からはさっそく第64期義太夫教室が始まる
    いつもバイトやら仕事やらでなかなか行けなかった
    女流義太夫の公演
    国立演芸場で毎月やっていることをここに宣伝

    三味線の到着を首をながなが伸ばして待ちつつ
    これから義太夫とどんなふうに関わろうかと思案しながら
    5月明治座の勉強に 三遊亭圓生と古今亭志ん生を
    耳に突っ込んで 法定速度で現実逃避をする日々でございます


    日常のつくられ方

    金町の浄水場からとか 松戸の浄水場からとか
    何をするにも大切な水にも徐々に影響が出ていて
    思えば 今思っているよりも
    コトが大きくなりつつあるのではなど
    その判断は 報道をじっと見ていてもわかりきらず
    焦らず頼りすぎず自分の判断力を磨くことが大切かも

    など考えつつ

    先日の新橋演舞場
    昼の部では偶然 イヤホンガイド大御所の塚田さん
    隣にいらしたので 合間合間にお話
    今回 歌舞伎座が建て直し中であってよかったこと
    あの老朽化であの地震だったら耐えられていたかどうか
    しかも歌舞伎座は関東大震災のときも
    再建工事中だったというから 歌舞伎座はとても運がいい
    あとはやっぱりこちらで経済を支えないとね
    などなどいろいろなお話をしてくださった
    その時 こんな時は 
    戦争を越えた方々とお話しするのがいいなと思った
    塚田さんは 他の方から聞いた話によると
    終戦の日から3週間後(?)に観た連獅子がよかった(?)
    (人づてなので不確かだけれど)
    とおっしゃってたりするらしい
    私には想像もつかない混迷のあの当時に
    そんな思い出がある 人間の強さを感じずにいられない

    さて
    昨日は新宿で人と会うまでに手持ち無沙汰だったので
    初めて 新宿末廣亭に行ってみた
    提灯がかかって風情ある佇まい 中へ入っても
    外側の印象そのままで ほっとした 
    お客さんは10人程度 ひとりふたり途中で入ったり出たり
    節電で寒い上 閑散とした客席に向かって
    高座で落語やら俗曲やら講談やら動物の鳴き真似やら
    こんな客席だから 面白くないといっそう面白くない雰囲気になる
    そこを芸をし続けなければいけないんだから 大変だなあなどと思う
    でもこんな時に こんな新宿の小さな小屋で
    世間から見たらムダと仕分けされそうなことをして
    食べていく その営みにものすごく人間臭さを感じて愛おしくなった
    人が生きるに それぞれ役割は違う
    こんな時にはその役割の違いを潰すような力も出てきかねない
    日常はあるものではなく 人が役割をしっかり担って
    作られていくものなのだなと感じる



    Pagination

    Utility

    わたしのこと

    いいむらえりこ

    Author:いいむらえりこ
    歌舞伎のイタコ修行中
    義太夫手習もそろそろと
    マイ・ハンダごては2本所持
    お坊さんとの遭遇が私のユンケル

    墓に片足つっこんだ話

    05  09  08  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

    さがしものはこちらから↓

    きゅうりであるQR

    QRコード

    ブロとも申請したい稀有な人へ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。